Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レコード会社21社、不正アップロードユーザーの情報開示をISPへ請求

レコード会社21社は、昨年12月から2月までのあいだにファイル交換ソフトを利用し、不正にデータを公開したユーザーの情報を開示するようISPに求めている。

日本レコード協会の会員と関連企業の21社で、著作隣接権である送信可能化権を侵害しているとし、各社は賠償請求を行うため、「プロバイダ責任制限法」に基づき、プロバイダ11社に対してユーザーの情報開示を求めたもの。

一昨年にも同様にユーザー情報の開示を受け、7名のユーザーと損害賠償について交渉を実施。1人あたり平均45万円の損害賠償で和解に至った経緯もあり、日本レコード協会では、今後も開示請求を継続していきたいとしている。

(Security NEXT - 2006/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP