Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、OCNの解約承り票を誤送付

NTTコミュニケーションズは、2月23日にOCNサービスの解約票を送付する際、別ユーザーの解約情報を誤って記載したものを郵送していたと発表した。

今回の事故は、解約者本人とは別人の情報を印字し、552件を郵送したもの。送付された承り票には、解約者の氏名、メールアドレス、管理番号などの個人情報が記載されていた。原因は印刷機の設定ミスだったという。

同社では、該当する顧客に対して個別に謝罪するとともに、誤記載された承り票の回収を行う。今後は再発防止に向けて、作業手順の見直しや、個人情報の適正管理を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か