Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実施アンケートに脆弱性を発見し一時中断 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、同機関が運営する脆弱性情報提供サイト「JP Vendor Status Notes(JVN)」におけるアンケートのCGIスクリプトに脆弱性が発見され、一時休止した。

同機関では、2月8日から2月20日までの計画で実施し、さらにアンケート期間を延長する計画だったが、2月8日にアンケートCGIに不具合が発見され、一時中止している。

同機関では、脆弱性の修正を実施、2月10日に関係機関へ報告した。今回の脆弱性による被害はないとしている。同期間ではアンケートシステムの安全性を確認され次第、再開を予定している。

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2006/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
業務外で個人情報を保有、市職員を処分 - 阿波市
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定