Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャングル、ユーザビリティが向上したデータ消去ソフトの最新版を発売

ジャングルは、データ消去ソフトウェア「完全ハードディスク抹消2006」「完全ハードディスク+ファイル抹消2006 最強抹消セット」を3月9日より発売する。価格はそれぞれ1万290円、1万2390円。

最新版となる「完全ハードディスク抹消2006」では、15種類のデータ抹消方式を採用しており、ハードディスクや外付けドライブ、起動ドライブのほか、ブランクセクタの消去に対応した。さらに画面操作性をの向上を図っている。

また、「同最強抹消セット」では、ドライブ抹消機能を追加している。

(Security NEXT - 2006/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア