Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

止まぬACCSへのDoS攻撃 - ワーム「Antinny」の蔓延続く

コンピュータソフトウェア著作権協会は、サイトの旧URLに対するDDoS攻撃が現在も継続していることを明らかにした。

DDoS攻撃の原因はWinnyを通じて感染するワーム「Antinny」で、感染すると同協会ページを攻撃する。同協会では、同協会サイトへDDoS攻撃が行われるため、2005年1月よりサイトのURLを変更している。

同協会では、ISPや日本データ通信協会、マイクロソフトなどと協力し、注意喚起を実施したり、同ワームの駆除ツール公開といった対応を実施しているが、現在でも旧URLへの攻撃は続いているという。

同協会では、同ワームに感染するとパソコン内のデータが流出する恐れがあるため、今回の注意喚起は情報セキュリティの観点からも有効であるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応