Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲーム「Master of Epic」の一部ユーザー情報が流出

ゴンゾロッソオンラインは、2月20日に同社へ運用業務移行中のオンラインゲーム「Master of Epic」で発生したユーザー登録情報の流出事故を公表した。

同社によれば、2月17日の移行作業終了後、一時的にアップロードしたユーザー情報をFTPサーバ上から削除する作業が不十分だったため、一部データが残ってしまい、ダウンロードできる状態になったという。

その後、同月20日に第三者運営の一般BBS上で同FTPサーバのアドレスが公開され、さらにユーザーの指摘により事故が判明、同社は直後にサーバ上からデータを削除した。

流出したのは、アカウント移行中の仮登録ユーザー1373名分のID、パスワード、ニックネーム、メールアドレス、ID・パスワード忘れの設問と答えなど。まだ確認段階としながらも、ユーザーの氏名やカード番号などの個人情報が含まれている可能性はないとしている。

同社では、ゲームサーバを停止し、該当するユーザーに対してID、パスワードの変更を依頼するメールを送った。また、データが公開されるおそれがあるウェブサイトへ情報公開の差し止め依頼などを行っている。さらに警察へ届け出て捜査を依頼したとしている。

同社では、今後は流出の発生原因を究明し、再発防止に向けた対応策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず