Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RHL管理ソフトとセキュリティソフトのソリューションを特別価格で提供

ライセンスオンライン、クラスキャット、日本エフ・セキュアの3社は、それぞれの製品を組み合わせたソリューションを特別価格で提供を開始する。

今回、特別価格で提供されるのは、「Red Hat Enterprise Linux」をGUI環境で管理できるクラスキャットの「ClassCat CuteR Server Manager シリーズ」と日本エフ・セキュアのLinuxゲートウェイ向けのセキュリティ製品「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」を組み合わせたもので、定価の20%割引を実現した。企業向けソフトウェアライセンスの販売を手がけるライセンスオンラインが提供する。

(Security NEXT - 2006/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券
ランサムウェアの感染被害が発生、運行には影響なし - 多摩都市モノレール
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
会員のメアドとPWを外部で確認、原因不明 - ジャパンレンタカー
セキュリティアップデート「PHP 7.2.8」がリリース