Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェア専用の対策ソフト導入率は8% - MM総研

MM総研は、国内企業582社の情報システム部門を対象に「スパイウェア対策の取り組み状況アンケート調査」を実施し、その結果を発表した。

同調査は、2006年1月中旬に、ウェブ上でのアンケート形式で実施したもの。調査結果によれば、スパイウェアを危険性と認識している企業は91%に上る一方、専門の対策ソフトを導入しているのは8%にとどまった。

一方、業務外で不正なサイトにアクセスしている社員が多いと考えている企業は44%を占めており、重大なものからポップアップ広告といった軽微なものまで含めると約4割が被害にあっているという。同社では、スパイウェアによる大きな被害が発生する危険性は高まっているとまとめている。

(Security NEXT - 2006/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起