Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クライアントPCのアクセス制御を実現する「PCGUARDIAN WINCS」

キヤノンシステムソリューションズは、クライアントPCのアクセス制御や監視を実現する「PCGUARDIAN WINCS」を2月24日に発売する。

同製品は、管理者がアクセス制御のポリシーを設定でき、CD-ROMやリムーバブルメディア、ネットワークドライブ、プリンタへのアクセスを制御できるもの。ネットワークドライブへのアクセスは、フォルダ単位の制御にも対応している。

価格は、1ライセンスのパッケージ版が6000円。5ライセンスパック、10ライセンスパックも提供される。また、11ユーザー以上の場合、ライセンス版が用意した。

(Security NEXT - 2006/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けESET製品でモニターキャンペーン
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
「機能利用に指紋必要」とだます詐欺アプリ - 不意突く「Touch ID」課金狙う
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意