Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA周南、個人情報記載の帳票を紛失 - 一部は裏面使用も

周南農業協同組合は、個人情報の記載された「購買未収金残高一覧表」の紛失が判明したと発表した。

JAで貯金引き落としを利用して商品を購入した者が記載されている「購買未収金残高一覧表」が、本来保管されるべきところを、裏面が再利用され、さらに一部の所在が不明となったもの。農家の指摘により判明したという。

帳票が誤って再利用されたのは2004年9月3日から同月23日の間で、帳票が4分割された上で、裏面に氏名を印刷し、農家が生産物をJAに持ち込む際に付ける名札として、47戸の農家に配布されていた。

同組合は、配布された用紙約230枚のほとんど回収したが一部はすでに配布先となった農家にて処分されていたという。また、内部調査を行った結果、保管期間の残っている帳票約1200枚が所在不明となっており、誤って焼却処分したのではないかとしている。

同組合では、組合員の代表が集まる総代会などにおいて経緯を報告。再発防止策として、個人情報の保管場所を特定し施錠を徹底すること、帳票類を毎月チェックして報告書を提出することなどを実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト