Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、顧客情報入りのPCを紛失

積水ハウスは、1月31日に顧客75名分の個人情報が保存されたノートパソコンを紛失したと発表した。

紛失したのは、年賀状の宛名作成に用いられたパソコン。顧客75名分の氏名、住所が保存されていた。同パソコンには、IDとパスワードによる二重のセキュリティ対策が施されているという。

同社では、該当する顧客に対し事情説明した。再発防止策として、使用後のデータをただちに削除するよう指導を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「AWS」や「Azure」、「Foreshadow」に対応済み
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
説明会の参加者宛メールで誤送信 - 大阪府
林間学校で個人情報を紛失、拾得者からの連絡で判明 - 大阪市
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
児童手当に関する書類の誤発送で個人情報流出 - つくば市
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ