Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、顧客情報入りのPCを紛失

積水ハウスは、1月31日に顧客75名分の個人情報が保存されたノートパソコンを紛失したと発表した。

紛失したのは、年賀状の宛名作成に用いられたパソコン。顧客75名分の氏名、住所が保存されていた。同パソコンには、IDとパスワードによる二重のセキュリティ対策が施されているという。

同社では、該当する顧客に対し事情説明した。再発防止策として、使用後のデータをただちに削除するよう指導を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PFU、サイバー攻撃の過程を可視化する「iNetSec MP 2040」
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
2017年2Qの脆弱性届け出は269件 - ソフトウェア関連が2.6倍に
2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明
中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供