Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、顧客情報入りのPCを紛失

積水ハウスは、1月31日に顧客75名分の個人情報が保存されたノートパソコンを紛失したと発表した。

紛失したのは、年賀状の宛名作成に用いられたパソコン。顧客75名分の氏名、住所が保存されていた。同パソコンには、IDとパスワードによる二重のセキュリティ対策が施されているという。

同社では、該当する顧客に対し事情説明した。再発防止策として、使用後のデータをただちに削除するよう指導を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「マイナビ」を偽装、「Bitcoin関連のアンケート」に見せかけた悪質メールに注意
検察庁職員をかたる詐欺 - 電話で偽サイトに誘導して情報詐取
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
イベント告知メールで誤送信、メアド流出 - 江戸川区
高校行事出席者へのお礼メールで誤送信 - 宮城県
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省