Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

読売江東理工専門学校、卒業生の個人情報がネット上に流出

読売理工学院は、同学院が運営する読売江東理工専門学校において、教員の私用パソコンがウイルスに感染し、同校に在籍していた学生1036名分の個人情報が、Winnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出したのは、同校の1999年度、および2003年度の学生名簿で、1036名分の氏名、住所、電話番号、成績表などが含まれる。匿名による流出の指摘を受け、調査した結果、流出が判明したという。

同校では、該当する卒業生に対し謝罪の文書を送付する。また、個人情報の学外持ち出しやP2Pソフトの利用などを禁止するなど、また再発防止に向けて教職員に指導するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明