Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、2月15日に月例パッチを公開予定 - 深刻度「緊急」含む

マイクロソフトは、2月15日に脆弱性を解決する月例パッチを公開する。

今回、公開を予定されているのは、Windowsの脆弱性4件をはじめ、Officeに関するものが2件、Media Playerに関する脆弱性1件など合計7件。最大の深刻度は「緊急」で、「重要」も含まれている。

さらにマイクロソフトでは、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」の最新版を合わせて公開する予定。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/advance.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC