Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地紋透かし技術で文書の改ざんを抑止 - 日立

日立製作所は、官公庁や金融機関向けに、地紋透かし技術を活用した「電子透かしプリントソリューション/改ざん検知」を発売する。

同ソリューションは、紙全体に任意のデジタル情報パターンを埋め込む「地紋透かし」技術を活用して、機密情報やその他重要文書などの改ざんを抑止するもの。印刷時に、印刷者や印刷日時、ファイル名などを埋め込むことで、文書の真正性確認が容易になるため、改ざんの抑止効果が期待できる。価格は210万円から。

また、すでに提供されている「電子透かしプリントソリューション/情報漏えい抑止」において、1枚の紙に複数のページを印刷する段組印刷機能や、印刷する文書全てに電子透かしを強制的に埋め込む強制透かし印刷機能などが追加された。価格は150万5700円から。

(Security NEXT - 2006/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS