Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー、誤送信防止機能を搭載したFAXを発売

リコーは、ファックスの誤送信防止機能を搭載したレーザー普通紙ファクシミリ「リファクス ML4600S」を、2月20日より発売する。

同製品は、同社ファックス「リファクス ML4600」の後継機種で、ファックス番号を2度入力しないと送信できない「二度入力機能」や、登録された番号以外には送信できない「テンキー・ロック機能」など搭載することで、誤送信による情報漏洩を防止できる。

また、セキュリティ機能以外にも、メールサーバを介さずIPアドレスを指定して直接通信できる「IP-ファクス機能」のほか、パソコンで作成したデータを直接相手のファックスに送信できる「PC FAX」
など、オプション機能を用意した。

(Security NEXT - 2006/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か