Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報がネット上に流出 - 西埼玉中央病院

西埼玉中央病院は、同院付属看護学校の学生が所有する個人パソコンがウイルスに感染し、入院患者の個人情報がインターネット上に流出したと発表した。

流出したのは、同学生が作成した看護実習記録などのファイル。同院入院患者に関するデータが一部含まれていた。

同院では、該当する患者に対し謝罪するとともに、院内の情報管理体制を再度チェックして再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始