Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、DocumentSecurityの最新版を発売 - 緊急対応機能を強化

アルプスシステムインテグレーションは、企業向け情報漏洩防止ソリューション「DocumentSecurity」の最新版を2月1日より発売する。価格は、50クライアント183万7500円から。

同製品は、企業内ドキュメントのアクセス制御を一元管理できるセキュリティソリューション。閲覧や編集、印刷、保存といった操作をクライアントごとに設定でき、情報漏洩防止などに活用できる。

最新版では、「ポリシー常時適用機能」により、不正操作が行われた際に緊急措置として対象端末に対して通信ポートのブロックやデバイス制御などを自動的に行うことが可能となった。また、ログ機能を強化しており、外部デバイスによるファイルの持出しやファイルの削除、破棄など履歴を確認できる。

さらに、複数部署に所属するクライアントに対しても柔軟に部署ごとにセキュリティポリシーを適用できる「兼務者機能」や、管理コンソール機能を備えるなどユーザビリティが向上した。

(Security NEXT - 2006/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス