Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報入りの検針用端末が盗難に

東京電力は、多摩支店立川支社において、委託検針員の私用車が車上荒らしに遭い、顧客547名分の個人情報が保存された検針用携帯端末などが盗まれたと発表した。

被害に遭った携帯端末には、1月26日に検針した顧客、および翌27日に検針の予定だった顧客、合わせて547名分の氏名、住所などが記録されていた。また、顧客9名の氏名が記載された帳票も含まれる。

業務終了後、端末を持ったまま私用車で外出した際、被害に遭ったもので、駐車場へ車を止め、10分ほど離れた間に窓を破壊され、助手席下において置いた鞄ごと端末が持ち去られた。端末にはセキュリティ対策が行われていたとしている。

被害届を提出するとともに周辺の捜索も行ったが、発見には至っていない。該当する顧客に対しては、事情説明と謝罪を行っている。同社では、顧客情報の厳正な管理をさらに徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県