Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報入りの検針用端末が盗難に

東京電力は、多摩支店立川支社において、委託検針員の私用車が車上荒らしに遭い、顧客547名分の個人情報が保存された検針用携帯端末などが盗まれたと発表した。

被害に遭った携帯端末には、1月26日に検針した顧客、および翌27日に検針の予定だった顧客、合わせて547名分の氏名、住所などが記録されていた。また、顧客9名の氏名が記載された帳票も含まれる。

業務終了後、端末を持ったまま私用車で外出した際、被害に遭ったもので、駐車場へ車を止め、10分ほど離れた間に窓を破壊され、助手席下において置いた鞄ごと端末が持ち去られた。端末にはセキュリティ対策が行われていたとしている。

被害届を提出するとともに周辺の捜索も行ったが、発見には至っていない。該当する顧客に対しては、事情説明と謝罪を行っている。同社では、顧客情報の厳正な管理をさらに徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大