Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報入りの検針用端末が盗難に

東京電力は、多摩支店立川支社において、委託検針員の私用車が車上荒らしに遭い、顧客547名分の個人情報が保存された検針用携帯端末などが盗まれたと発表した。

被害に遭った携帯端末には、1月26日に検針した顧客、および翌27日に検針の予定だった顧客、合わせて547名分の氏名、住所などが記録されていた。また、顧客9名の氏名が記載された帳票も含まれる。

業務終了後、端末を持ったまま私用車で外出した際、被害に遭ったもので、駐車場へ車を止め、10分ほど離れた間に窓を破壊され、助手席下において置いた鞄ごと端末が持ち去られた。端末にはセキュリティ対策が行われていたとしている。

被害届を提出するとともに周辺の捜索も行ったが、発見には至っていない。該当する顧客に対しては、事情説明と謝罪を行っている。同社では、顧客情報の厳正な管理をさらに徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市