Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャパンネット銀行、ネットバンキングでワンタイムパスワードを標準化

ジャパンネット銀行は、同社ネットバンキングサービスにおいてワンタイムパスワードを標準化すると発表した。

同行では、約130万名の口座利用者に対し、ワンタイムパスワードを発行するトークンを今年5月より配布開始する予定で、9月以降はワンタイムパスワードによる認証に統一される。トークンには、RSAセキュリティの「SecureID」を採用した。

同行によれば、ワンタイムパスワードへの統一は国内初の試みで、ビジネスモデル特許を出願しているという。また、今回のセキュリティ強化にあたり、口座維持手数料を従来の105円から189円へ改定する予定。

(Security NEXT - 2006/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
コジマの通販サイトで不正ログイン、詳細は調査中
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も