Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンクライアント端末の操作を記録「ESS REC for Presentation Server」

エンカレッジ・テクノロジは、シンクライアント端末の操作状況をサーバ上で記録する「ESS REC for Presentation Server」を発表した。2月上旬より販売を開始する。

同製品は、Citrix Presentation Server上のアプリケーションの操作内容を記録するもので、情報漏洩などが発生した場合の原因究明などに活用できる。IPアドレスやユーザー名、コンピューター名、時刻はもちろん、画面の動画や画面表示文字、マウスやキーボード操作、通信ポートの状態の記録にも対応した。また、記録データは暗号化されて保存され、改ざんなども防止する。

(Security NEXT - 2006/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市