Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード被害に関する情報を集約して補償に生かす - 全銀協がセンター設立

全国銀行協会は、偽造、盗難キャッシュカードによる被害情報を登録する「カード補償情報センター」を設立した。2月10日より業務を開始する。

同協会では、同センターの設立により、偽造や盗難されたキャッシュカードによる金銭的な被害者への補償手続きなどをスムーズに提供したいとしている。

具体的には、被害に遭った顧客の氏名や被害状況などを登録。補償を実施するにあたり、各金融機関での相互利用を行う。同センターでは、登録された個人情報の取り扱いについては、他の目的による利用しないとし、参加者以外の第三者には情報を提供しないとしている。また、関連法を遵守した上で安全に管理するとしている、

今回の設立は、近く施行される「預金者保護法」の一環であり、銀行だけでなく、信用金庫、信用組合、日本郵政公社など、同法の対象となっている金融機関も参加する予定。

(Security NEXT - 2006/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市