Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

置き引き被害によりパソコンを紛失 - 富士電機デバイステクノロジー

富士電機デバイステクノロジーは、同社顧客情報が記録されたパソコンを盗まれたと発表した。

同社によれば、12月27日に同社西日本営業部の社員が大阪市内でトイレに行った間に置き引きの被害に遭ったという。パソコンには、おもにメールアドレスと氏名など60件、一部に会社名や所属部署といった個人情報が記録されていたという。

同社では警察へ被害を届け、さらに該当者に対して個別に事情を報告、謝罪した。また、同社では再発防止策として、個人情報保護を再度徹底し、持ち出しパソコンへ暗号化によるセキュリティ対策を導入するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ