Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で採用内定者のアドレスを流出 - 光通信

光通信は、1月10日に採用内定者へメールで連絡する際、誤って他の内定者のアドレスが確認できる状態で送ったと発表した。

送信時のミスにより発生したもので、同社によれば内定者245名のアドレスが確認できる状態で送信したという。同社では、送信直後に事故に気が付き、送信を中止、さらに誤送信の対象となった内定者全員にメールを送り、謝罪とメール削除の依頼をした。さらに電話により個別に事情を説明した上で謝罪したという。

同社では、メール一括送信のための送信プログラムを作成するとともに、送信時のチェック体制の強化、社内ルールや社員教育の徹底など、再発防止策を実施する。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ