Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

筑波大、付属病院患者41名の診療情報がネット上に流出

筑波大学は、学生のパソコンがウイルスに感染し、臨床実習のレポート作成用として保存していた患者情報が、インターネット上に流出していたと発表した。

同大学によれば、流出が判明したのは同大学付属病院の患者41名分の診療情報をまとめた資料。そのうち氏名が含まれたものが20名、イニシャルが含まれたものが5名、匿名のものが16名となっている。2005年10月ごろウイルスに感染し、2006年1月18日まで閲覧可能な状態だったという。

流出の対象となった患者に対しては、事実説明と謝罪をする。また、臨床実習における守秘義務の徹底が不十分であったとして、患者情報の取り扱いに関するルールの再点検、パソコンのセキュリティ対策の強化、および学生への教育の徹底といった再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応