Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

筑波大、付属病院患者41名の診療情報がネット上に流出

筑波大学は、学生のパソコンがウイルスに感染し、臨床実習のレポート作成用として保存していた患者情報が、インターネット上に流出していたと発表した。

同大学によれば、流出が判明したのは同大学付属病院の患者41名分の診療情報をまとめた資料。そのうち氏名が含まれたものが20名、イニシャルが含まれたものが5名、匿名のものが16名となっている。2005年10月ごろウイルスに感染し、2006年1月18日まで閲覧可能な状態だったという。

流出の対象となった患者に対しては、事実説明と謝罪をする。また、臨床実習における守秘義務の徹底が不十分であったとして、患者情報の取り扱いに関するルールの再点検、パソコンのセキュリティ対策の強化、および学生への教育の徹底といった再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース