Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティアプライアンスの新ブランド「GUARDIANBOX」を発売 - キヤノンSS

キヤノンシステムソリューションズは、スパムメール対策アプライアンス「GUARDIANBOX SpamFilter」およびURLフィルタリングを実現するアプライアンス製品「GUARDIANBOX URLFilter」の販売を2月より発売する。

「GUARDIANBOX SpamFilter」は、英SurfControlの「Anti-Spam Agent」を搭載しており、スパムメールの検知機能を搭載しており、独自ポリシーの作成などに対応したほか、DoS攻撃といった攻撃を防御する機能も備えている。

「GUARDIANBOX URLFilter」は、同社と米SonicWALLで共同開発したもので、日本語サイトのURL情報は同社が収集することで、約1000万件のデータベースが利用できる。また、アンチウイルス機能を搭載しており、許可されたサイトからの侵入も防御できるという。

いずれも、管理画面、マニュアルは、日本語化されている。今後は「ウェブおよびメールのアクセス監視」を行うアプライアンスについても発売を予定している。

(Security NEXT - 2006/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ