Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

松下エコシステムズ、アドレス流出事故の対応状況を公表

松下エコシステムズは、2005年12月28日に発生したメールアドレス流出事故に関して、関係者への対応状況などについて公表した。

問題となった事故は、同社の採用活動に登録した学生に対してメールを送信する際、BCCを用いなかったため、他の学生のアドレスが確認できる状態で送られてしまったというもの。同日に該当する学生に対しては連絡を取り、謝罪と誤送信メールの削除を依頼していた。

その後、同社では1月5日にも同様のメールを送信した、さらに返信のない学生に対し再度メールの削除を依頼。1月11日の時点で、誤送信の対象者1276名のうち1129名と連絡がついたとしている。また、大学の就職担当者を訪問して、経緯説明と謝罪をしたとしている。

(Security NEXT - 2006/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース