Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀行、顧客851名の個人情報が記載された社内資料を紛失

中央三井信託銀行は、立川支店において、顧客851名の個人情報が記載された資料の紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているのは、2000年から2001年の間に取り引きが行われた投資信託に関する資料の一部。投資信託を購入する際の重要事項確認書や、投信募集、買入注文依頼書などで、顧客の氏名、住所、口座番号、届印などが含まれている。

同行では、外部へ持ち出された形跡がないとし、行内において誤廃棄された可能性が高いと結論付けている。該当する顧客へは個別に連絡するとともに、問い合わせ専用の窓口を設けて対応する。

(Security NEXT - 2006/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生