Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀行、顧客851名の個人情報が記載された社内資料を紛失

中央三井信託銀行は、立川支店において、顧客851名の個人情報が記載された資料の紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているのは、2000年から2001年の間に取り引きが行われた投資信託に関する資料の一部。投資信託を購入する際の重要事項確認書や、投信募集、買入注文依頼書などで、顧客の氏名、住所、口座番号、届印などが含まれている。

同行では、外部へ持ち出された形跡がないとし、行内において誤廃棄された可能性が高いと結論付けている。該当する顧客へは個別に連絡するとともに、問い合わせ専用の窓口を設けて対応する。

(Security NEXT - 2006/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大