Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、ASP型セキュリティソリューションの一部に不具合

マカフィーは、ASPタイプのセキュリティ対策ソリューション「Managed VirusScan plus AntiSpyware 3.5」 において、アップグレードした際、一部環境で不具合が発生したと発表した。

バージョン3.5.0.428を適用したユーザーの一部において、CPUを100%占有する現象が発生したという。原因は、アップグレード最中の不具合で、アップグレードにより置換される新しいファイルがインストールできない現象が発生したにもかかわらず、レジストリキーがバージョン3.5の内容になり、古いファイルと新しいレジストリ値の間で不整合が発生したという。

同社では、1月10日に修正を加えたモジュールを公開した。また、不具合が発生した場合の修復方法およびアップグレードなど同社サイト上で公開している。

Managed Virus Scan plus AntiSpyware 3.5 のアップグレード後の不具合について
http://www.mcafee.com/japan/announcement/060111_mvs35.asp

マカフィー
http://www.mcafee.com/japan/

(Security NEXT - 2006/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース