Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NPO法人が会員情報を紛失 - 再委託先の宅配業者の配送中に

NPO法人のアビリティクラブたすけあいは、9月に会員情報19名分が記載された書類を紛失していたことを明らかにした。

所在不明となっている書類は、金融機関の支店統廃合情報変更書類など。同社が集金業務を委託しているクレディセゾンがさらに配送業務を再委託しているヤマト運輸が紛失したとしている。ヤマト運輸に調査を依頼したが、2005年12月30日の時点で発見されていない。

同社では、9月22日にクレディセゾンから連絡を受けた直後、電話で事情を説明、別途、訪問あるいは書類により個別に謝罪した。また、委託先に対し、管理体制の強化を要請したという。

(Security NEXT - 2006/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も