Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラムの不具合により書類の顧客情報を誤記載 - 三菱東京UFJ銀

三菱東京UFJ銀行は、合併に伴う振込先銀行名などの変更手続きを依頼する書類の一部において、全く関係ない顧客の口座情報などを誤って記載し、送付したと発表した。今回の事故により資金の移動などは発生しないとしている。

同行によれば、誤記載が判明したのは、旧東京三菱銀行を利用していた法人顧客に対して、今後は合併後の新銀行名で振り込みなどを行うよう依頼した「入金口座依頼変更書」。取引先585社分、最大で3495件の口座番号、カタカナの取引先名などが誤って記載されたという。同行では、書類の回収を進めている。

原因は、書類作成プログラムのバグであることが判明しており、すでに修正されているという。同行では、関係者全てに対し個別に連絡して事情を説明するとともに、顧客情報の管理についてさらに強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料