Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラムの不具合により書類の顧客情報を誤記載 - 三菱東京UFJ銀

三菱東京UFJ銀行は、合併に伴う振込先銀行名などの変更手続きを依頼する書類の一部において、全く関係ない顧客の口座情報などを誤って記載し、送付したと発表した。今回の事故により資金の移動などは発生しないとしている。

同行によれば、誤記載が判明したのは、旧東京三菱銀行を利用していた法人顧客に対して、今後は合併後の新銀行名で振り込みなどを行うよう依頼した「入金口座依頼変更書」。取引先585社分、最大で3495件の口座番号、カタカナの取引先名などが誤って記載されたという。同行では、書類の回収を進めている。

原因は、書類作成プログラムのバグであることが判明しており、すでに修正されているという。同行では、関係者全てに対し個別に連絡して事情を説明するとともに、顧客情報の管理についてさらに強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市