Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オークションの海賊版出品を官民協力で摘発

兵庫県警らは、オークションを悪用して海賊版ソフトを販売していた神戸市の無職男性を、著作権法違反の疑いで1月11日に逮捕した。今回官民が連携する「情報共有スキーム」により初めての摘発されたもの。

逮捕された男性は2005年に3174件の海賊版を通信販売しており、約600万円を売り上げたと見られる。コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、13のIDを使い分けて大量の海賊版ソフトを出品していたという。

同協会では、大手インターネットオークション事業者3社、および警察庁生活安全局情報技術犯罪対策課が協力する「情報共有スキーム」の運用を開始しており、今回、それに基づいて情報提供を実施、逮捕に至った。

同協会では今後も、同スキームを活用して知的財産権侵害の効果的な取り締まりを行っていくとしている。

(Security NEXT - 2006/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト