Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務再委託先にて顧客情報入りHDDが所在不明に - 富士電機機器制御

富士電機機器制御は、業務再委託先において顧客情報の紛失事故が発生したと発表した。

同社の中部支社がシステムの開発、保守を委託している都築電気の再委託先社員が帰宅途中にハードディスクを鞄ごと紛失したもの。鞄ついては翌日警察に届けられたが、ハードディスクは所在不明となっている。氏名や住所、役職、電話番号、出身校など、5951件顧客情報が含まれるほか、同社が実施した講習会の受講者情報636件が保存されていた。

該当する顧客に対して、富士電機機器制御より個別に報告し、謝罪するという。また、再発防止策として、富士電機機器制御、都築電気いずれも、委託先へ受託している個人情報について洗い出しを実施し、不要な情報を削除するほか、委託先の個人情報保護水準を検証し、委託先を選択するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市