Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱京都病院の患者データ入りパソコンが盗まれる

三菱京都病院は、2005年12月30日深夜から31日未明までの間に、業務委託先において患者の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

業務委託先である医療機器メーカーの担当者のパソコンに保存されていた個人情報が盗まれたもの。同病院で利用する機器に不具合が発生、原因究明のためにデータをコピーし、自宅へ持ち帰っていたが、担当者の自家用車からパソコンを持ち去られたという。車は施錠されていた。

パソコンには患者の氏名、住所、電話番号、性別、身長、体重、生年月日のほか、主治医の氏名や検査項目などが保存されていた。担当者はただちに警察へ被害を届けたが現在も発見されていない。

同院では患者に対して事情を説明した上で謝罪するとしている。また、今後判明した情報はホームページで報告する予定。

(Security NEXT - 2006/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も