Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA全農、12月中に発生した顧客情報の流出事故2件を公表

全国農業協同組合連合会は、2005年12月に発生した顧客情報の紛失、およびファックスの誤送信による流出事故について発表した。

最初の紛失事故は、12月15日に埼玉県本部において発生したもの。業務委託先の配送員が配送中、「送り状兼請求書」19枚の紛失に気が付いたという。同書類には顧客の氏名、住所、電話番号、配送商品名などが記載されていた。配送経路などを捜索したが、発見できなかったという。同会では、事故についても該当する顧客に対し謝罪した。

また12月16日には、同会が運営する兵庫県内のガソリンスタンドにおいて、利用者のクレジットカード売上伝票13枚をファックス送信する際、誤った番号に送信するという流出事故が発生した。誤送信した伝票のうち2枚には、漢字氏名、クレジットカード番号、有効期限、売上データなどが記載されていた。

同会では、誤送信先へ連絡し、該当データの削除を依頼したという。また、該当者にクレジットカード会社を通じて誤送信の事実を報告、謝罪したという。

(Security NEXT - 2006/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ