Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米SANS「脆弱性トップ20リスト」が公開に

米SANSがまとめた「2005年インターネットにおける脆弱性トップ20リスト」の日本語版がSANSのサイト上で公開された。

同リストは、2005年における上位20位の脆弱性をまとめたもの。翻訳は、NRIセキュアテクノロジーズが担当している。

WindowsサービスやIE、OfficeといったWindowsプラットフォームにとどまらず、各プラットフォームで利用されているアンチウイルスソフト、データベース、DNS、メッセンジャーなどが含まれる。また、Mac OSやUNIXのほか、個別のベンダーについても触れている。

米SANSでは、1年半以上前のものは含まれていないため、長期間パッチ処理などを行っていない場合は、2004年度版のリストも参照するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定