Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSKシステムズ、社員の個人PCがウイルス感染で顧客情報が流出

CSKシステムズは、従業員の私用パソコンがウイルスに感染し、法人顧客286社、528名分の顧客情報がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

同社によれば、流出したのは2003年に西日本地区で開催された、同社イベントの案内送付先リスト。名刺を元に作成されており、法人顧客286社、528名分の法人名、部署名、役職名、氏名、法人住所、法人電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。

12月20日にホームページより匿名で指摘を受け発覚した。同社では、該当する顧客に対し事実説明と謝罪をするとしている。また、問い合わせ窓口を設置した。

(Security NEXT - 2005/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に
ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい
NRIセキュア、海外拠点を実地調査するアセスメントサービス
仮想通貨取引所ZaifのAPIキーに不正アクセス - 不正な取引や引出が発生
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
可視光利用した手のひら静脈認証で実証実験
介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性