Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJ銀行、コンビニATMで不正カード利用が判明 - 実被害発生せず

UFJ銀行は、都内のコンビニエンスストアに設置されたATMで偽造キャッシュカードが利用されたことを明らかにした。

都内の複数のコンビニ店舗において愛知県内支店の顧客を装った偽造キャッシュカードでアクセスされていた。14名の顧客が偽造被害に遭っているが、盗撮事件との因果関係はわかっていない。同行によれば、不正カードにより、一部では残高照会など行われたが、不正な引き出しの被害は発生していないという。

同行では、不正利用された顧客に対し、個別に連絡し、ATMや同行支店において暗証番号の変更を依頼している。また、インターネットや電話で暗証番号など聞くことはなく、同行を騙り個人情報を聞き出す詐欺に対して注意を促している。

(Security NEXT - 2005/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催