Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行、名前をチェックせずに書類を誤交付

大分銀行は、12月14日に大分市内で個人情報が記載された返済予定表の写し1枚を手渡した際、誤って全く別の顧客の書類を渡したと発表した。

顧客より指摘を受け、誤交付が判明、同日中に回収した。含まれる個人情報は、氏名、生年月日、預金口座番号、年金番号、年金担保借入関係情報など。 書類の氏名を確認せずに渡したために発生したという。

同社では、情報が流出した顧客に対して直接面会して事故を報告、謝罪したという。

(Security NEXT - 2005/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス