Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行、名前をチェックせずに書類を誤交付

大分銀行は、12月14日に大分市内で個人情報が記載された返済予定表の写し1枚を手渡した際、誤って全く別の顧客の書類を渡したと発表した。

顧客より指摘を受け、誤交付が判明、同日中に回収した。含まれる個人情報は、氏名、生年月日、預金口座番号、年金番号、年金担保借入関係情報など。 書類の氏名を確認せずに渡したために発生したという。

同社では、情報が流出した顧客に対して直接面会して事故を報告、謝罪したという。

(Security NEXT - 2005/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など