Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDDの健康状態を定期監視して故障を予測 - インターコム

インターコムは、ハードディスクの状態を監視し、故障の予兆を事前に通知するハードディスク障害診断ソフト「SmartHDD Pro ハードディスク診断」を12月22日より発売する。

同ソフトは、読み込みエラーの発生率やディスク回転の再試行回数、温度など、ハードディスク内部のさまざまな情報を定期的に監視するもの。基準値と比較して異常値を検知した場合、ユーザーにメッセージやメールで通知する。

ハードディスクドライブごとの現在の健康状態をパーセンテージで表示するほか、トラブルへの対策法なども表示する。また、劣化が進んでいる場合は、故障予測シミュレーションがグラフ表示する。USB接続による一部の外付けハードディスクの診断にも対応した。

価格は、ダウンロード販売のみで3990円。今後、企業向けのライセンス販売も実施する予定。

(Security NEXT - 2005/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で