Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エントラスト、メール暗号化製品の最新版を発売

エントラストジャパンは、メールを暗号化して機密情報の漏洩を防ぐアプライアンス「Entelligence Messaging Server 8.0」を12月26日より発売する。価格は882万円。

同製品は、S/MIMEやPGPといった暗号化方式に対応したメールセキュリティソリューション。暗号化処理をサーバ側で行うため、エンドユーザーの負担が軽減できる。また、公開鍵の証明書管理もサーバで行うことが可能。

Microsoft ExchangeやLotus Dominoなどの主要なメール環境のほか、ウェブメールへの対応も可能。最新版では、クラスター化が可能となったほか、Entrustの認証機関だけでなく、Microsoftの認証機関とも連携 を実現している。

(Security NEXT - 2005/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定