Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムウェアの指紋認証装置を搭載した「ThinkPad」が来年登場

NTTコムウェアは、指紋認証ソフト「e-UBF Unit」を搭載した「ThinkPad e-UBF Model」を2006年2月より販売する。価格は、レノボ・ジャパンのダイレクト価格と同様となる予定。

同製品は、レノボ・ジャパンが販売する指紋センサーを搭載した「ThinkPadシリーズ」に同社の「e-UBF Unit」を搭載したオリジナルモデル。「ThinkPad T43」「ThinkPad X41」を採用し、それぞれ2モデルを用意。指紋認証にディー・ディー・エスの「周波数解析法」を利用し、ログインやスクリーンセイバー、IDマネージャなどに指紋認証を利用できる。

また、12月21日から2006年1月末日まで、「Think Pad e-UBF Model」製品化予定のモデルの購入者にアップデートソフトウェアと「e-UBF Unit」を提供する。

(Security NEXT - 2005/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県