Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社、金融機関のハガキを誤配達

日本郵政公社は、北海道支社の郵便局において金融機関が差出人の郵便物を誤配達したと発表した。

金融機関が差出人となる第二種郵便物4通を誤配達したもの。10月25日から11月16日までの間に「旭川中央郵便局」「旭川東郵便局」「丘珠郵便局」「富良野郵便局」の4カ所で発生した。ハガキには預金に関係する個人情報などが含まれていたという。

同社では、誤配達先、また本来の配達先に対して謝罪したとしている。

(Security NEXT - 2005/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町