Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東日本、元社員の私用PCがウイルス感染で個人情報を流出

NTT東日本は、顧客や社員の個人情報がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

元社員の私用パソコンでウイルス感染が発生、その結果、同パソコン内の個人情報が流出したもの。同社によれば、流出が判明したのは法人顧客の名称および電話番号11件と、2003年に同社に在籍していた社員179名の氏名、所属、異動年月日、通勤費に関する情報など。12月8日に流出を知らせるメールが匿名で寄せられ判明した。

同社では、該当する関係者に対し事実説明と謝罪をするとしている。また、業務関連ファイルなどの外部持ち出しを禁止する社内ルールを一層徹底して情報管理体制を強化し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性