Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁が海賊版販売グループを摘発、2年間で2億円を荒稼ぎ

警視庁らは、無断でソフトウェアを複製し、インターネットを通じて販売していたとして品川区の男性をはじめ7人を逮捕した。

男性らはジャストシステムの「一太郎2005&花子2005スペシャルパック」を無断で複製し、豊島区の男性に販売したもの。コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性らは2年前から海賊版販売を行っており、法人に見せかけ顧客を安心させる手口で、このほかにも500以上のソフトを無断複製、販売し、2億円を売り上げたと見られる。今回の捜査では、CD-Rや複製機など、犯行に用いられたと思われる約5800点が押収された。

同協会は、不正コピーに関する情報提供を受け付けているが、問題となるホームページについては、2003年以来500件以上の情報が寄せられ、証拠品などを入手。調査を進めてきたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

(Security NEXT - 2005/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正