Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民生活金融公庫、私用PCのウイルス感染で顧客情報が流出

国民生活金融公庫は、12月12日に融資先など同社顧客情報53件がインターネット上に流出したと発表した。

職員の私用パソコンがウイルスに感染、流出したもので、同公庫によれば、流出した顧客情報は職員が無断で持ち出したものだという。

船橋支店の51件と板橋支店の2件、計53件。氏名、住所、契約内容といった個人情報が含まれていた。今回の事件を受け、該当する顧客に対し、事実説明と謝罪をしている。

同庫では、再発防止を目指し、顧客情報の持ち出し禁止や記録媒体への保存の制限、セキュリティ機能を備えたパソコンの導入などを進めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査