Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、12月の月例パッチを公開 - IE脆弱性の深刻度は「緊急」

マイクロソフトは、12月の月例セキュリティパッチを公開した。

今月公開された脆弱性は2件。「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(MS05-054)」は、 Internet Explorerの脆弱性により、コンピュータを乗っ取られる脅威を回避するもので、同社では深刻度を「緊急」としている。

「Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される (MS05-055)」についても、深刻度を重要としている。同脆弱性は、攻撃者が正しいログオン資格によりログオンした後に、Windowsカーネルの脆弱性が攻撃した場合、特権の昇格が行われる可能性があるという。

2005 年12月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms05-dec.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2005/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市