Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京ガス、委託先が空き巣被害 - 盗まれた個人情報の一部特定できず

東京ガスは、12月4日に委託先店舗が空き巣被害に遭い、顧客情報が記載された領収書控えを盗まれたと発表した。

ガス料金の収納業務を委託している清水商事の店舗に空き巣が入ったもので、手提げ金庫に入っていたガス利用料金の領収書控えや未使用の領収書綴り、領収印などが持ち去られた。領収書控え21枚には顧客の氏名や住所、ガス料金、顧客番号といった個人情報が記載されていた。

同社では、領収書控えに個人情報が記載された顧客の特定を行ったが、7枚5世帯分については特定できたが、残り14枚については、2002年6月以前のもので、記載された顧客を特定ができなかったという。同社では特定できた顧客に対しては事情を説明し、謝罪したとしている。

(Security NEXT - 2005/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県