Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が入ったままファックス代替機を貸し出し - ブラザー工業

ブラザー工業は、同社ファックスの修理時の貸し出している代替機を回収した際、登録情報を消去しないまま、別の顧客へ貸し出していたと発表した。

問題となったのは、同社が販売する家庭向けファックス「Commuche FAX-350CL/350CLW/300CL/300CLW」の貸出機。従来機種より消去作業が変更になっていたが、貸し出しを担当する子会社へ消去作業の内容が正しく伝わらず、子機における消去作業が行われていなかったという。貸出機を利用したユーザーの指摘により12月1日に判明した。

同社によれば、貸し出し機は55台で、今年5月10日から12月1日までに延べ459名へ提供していたという。12月6日時点で33台を回収し確認したが、4台に個人情報など25件が登録されていた。同社では残りの貸出機についても回収を急いでいる。

同社では、該当する貸出機の利用者全員に書面にて謝罪し、フリーダイヤルによる窓口を設置して対応を行っている。

(Security NEXT - 2005/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け