Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が入ったままファックス代替機を貸し出し - ブラザー工業

ブラザー工業は、同社ファックスの修理時の貸し出している代替機を回収した際、登録情報を消去しないまま、別の顧客へ貸し出していたと発表した。

問題となったのは、同社が販売する家庭向けファックス「Commuche FAX-350CL/350CLW/300CL/300CLW」の貸出機。従来機種より消去作業が変更になっていたが、貸し出しを担当する子会社へ消去作業の内容が正しく伝わらず、子機における消去作業が行われていなかったという。貸出機を利用したユーザーの指摘により12月1日に判明した。

同社によれば、貸し出し機は55台で、今年5月10日から12月1日までに延べ459名へ提供していたという。12月6日時点で33台を回収し確認したが、4台に個人情報など25件が登録されていた。同社では残りの貸出機についても回収を急いでいる。

同社では、該当する貸出機の利用者全員に書面にて謝罪し、フリーダイヤルによる窓口を設置して対応を行っている。

(Security NEXT - 2005/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性