Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年のセキュリティ市場見通しを公表 - 野村総研

野村総合研究所は、2010年までのセキュリティ市場動向を見通しを発表した。個人情報特需は一過性としながら、今後も堅調な伸びを示すとしている。

ウイルス対策市場は、2005年度予測の599億円から2010年には1008億円市場に到達すると予測。クライアントからの漏洩などを防止する「情報漏えい対策ツール」についても、320億円から472億円とウイルス対策より市場規模は小さいものの、ほぼ同様の割合で成長する見通しを示した。

バイオメトリクス認証機器の市場についても堅調で、現在の128億円から242億円へ伸びるとしている。一方、2005年度見通しが1100億円市場と大きく成長してきたセキュリティポリシーの策定や、認証取得の支援、トレーニング、セキュリティ診断、監査といった「セキュリティサービス市場」については、2006年が1140億、2010年が1370億円と緩やかな伸びへ移行していくとしている。

同社では、今回ブロードバンド市場や放送市場など、セキュリティ市場以外の予測も行っており、今後はさらに携帯電話やeビジネス、ハードウェアなどの市場予測についても公表していく予定。

(Security NEXT - 2005/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に