Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年金加入情報の目的外閲覧の職員を処分 - 社保庁

社会保険庁は、2004年中に業務と関係なく情報閲覧が行われた問題で、通信記録をもとに調査を実施し、その結果を公表した。

国会議員や芸能人などの個人情報へアクセス、閲覧した職員は1574名で、大半が興味本位の閲覧だったが、報道の確認のためとする職員もいたという。

また、2004年5月以前のアクセスが1328名で、それ以降は減少したが、246人がアクセスしていた。アクセス回数については1回が722で約半数だったが、10回以上の職員も100名以上おり、なかには50回以上アクセスした職員や外部に漏洩した職員もいた。

さらに、アクセスにはカードを利用するため、本人が特定できるが、行為について否定した職員についても1447名いたとしている。

同庁では、閲覧行為を行った職員に対して、厳重注意から減給まで状況に応じて処分を実施する予定で、自らの閲覧を認めていない場合についても、カードの管理が不適切であったとして処分を行うという。

さらに閲覧情報を第三者へ漏洩していた場合は、免職あるいは停職処分にする。システム運用責任者や同庁長官をはじめ監督者についても訓告や口頭による厳重注意の処分を行うとしている。

(Security NEXT - 2005/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市