Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年金加入情報の目的外閲覧の職員を処分 - 社保庁

社会保険庁は、2004年中に業務と関係なく情報閲覧が行われた問題で、通信記録をもとに調査を実施し、その結果を公表した。

国会議員や芸能人などの個人情報へアクセス、閲覧した職員は1574名で、大半が興味本位の閲覧だったが、報道の確認のためとする職員もいたという。

また、2004年5月以前のアクセスが1328名で、それ以降は減少したが、246人がアクセスしていた。アクセス回数については1回が722で約半数だったが、10回以上の職員も100名以上おり、なかには50回以上アクセスした職員や外部に漏洩した職員もいた。

さらに、アクセスにはカードを利用するため、本人が特定できるが、行為について否定した職員についても1447名いたとしている。

同庁では、閲覧行為を行った職員に対して、厳重注意から減給まで状況に応じて処分を実施する予定で、自らの閲覧を認めていない場合についても、カードの管理が不適切であったとして処分を行うという。

さらに閲覧情報を第三者へ漏洩していた場合は、免職あるいは停職処分にする。システム運用責任者や同庁長官をはじめ監督者についても訓告や口頭による厳重注意の処分を行うとしている。

(Security NEXT - 2005/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起